井戸端カンファレンストップ →- →スポンサーサイト
        

記事一覧

selected entries

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


井戸端カンファレンストップ 旅行 →岡山城と後楽園
        

記事一覧

<< 小松左京 自伝 | main | 伯母の死 >>

岡山城と後楽園

岡山での仕事が早く終わり昼から時間が空いたので、岡山城を
見に行きました。初めて知ったのですが、岡山城は宇喜多直家、
秀家親子によって天正〜慶長年間に原型が作られたといいます。

宇喜多秀家と言えば、豊臣秀吉によって子供の頃からその資質を
愛でられ、秀吉が死んだ後もその恩を感じて関が原の合戦で西軍に
つき、最終的には小笠原に流罪となってそこで死んだ、剛直さと
悲運を合わせ持った名将だったとか。そうかー、宇喜多秀家の城
だったのか。

岡山城はその後、小早川、池田と主が代わってゆき、最終的には
池田氏が明治時代まで続いていきます。
こういう例は、江戸時代の初期には多いように思います。熊本城
なども建てたのは加藤清正ですが、1代で改易され、江戸時代を
通じて主だったのは、何年か前に首相だった細川さんの先祖です。

岡山城の外観(再建ですが)は、総漆塗りで真っ黒に見えます。
隣の姫路城が白鷺城と言われるのに対して、烏城と言われたらしい。
天守閣も今の感覚で見るとそう大きいとは感じませんが、創建当時は
五重の堀があったといい、最も外側の堀は地図で見るとJR岡山駅の
近辺にまで達する、広大な城域を有していたことになります。すごい。

後楽園は本丸の目の前、旭川にできた中州を丸ごと庭園として使って
います。金沢の兼六園、水戸の偕楽園と並ぶ日本三大庭園と言われる
だけあって築山あり、池ありの優美なものですが、驚いたのは庭園の
中に井田と呼ばれる田圃があり、実際に稲の刈られた跡が見られた
ことです。後楽園が作られた当初は域内のほとんどが田圃で、農業生産
の方が優先されていました。今のような形になったのは、備前岡山藩の
イメージアップのためみたいで、来客があると藩主自らがこの庭園で
接待したといいます。


井戸端カンファレンストップ →- →スポンサーサイト
        

記事一覧

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 07:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
Ripre
Search
Amazon Search
ドル箱 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
categories
archives
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM