井戸端カンファレンストップ →- →スポンサーサイト
        

記事一覧

selected entries

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


井戸端カンファレンストップ 本のレビュー →若者よ投票に行こう!
        

記事一覧

<< SMAPの度肝を抜く広告 | main | 新型インフルエンザ >>

若者よ投票に行こう!

若者は選挙に行かないせいで、4000万円も損してる?

森川友義さんの『35歳くらいまでの政治リテラシー要請講座』を 読みました。
なぜ、現在社会の中で青年層が一方的に付利を蒙っているのか。
森川さんは端的に、それは青年層が選挙に行かないから、政治に
殆ど関心を持っていないからだ、と言います。どうせ選挙に行っても
何も変わらないから、自分一人が行かなくたって何も変わりゃしない
から、という諦めが先に立つからでもあるでしょう。

しかし...

誰に1票を投じることが問題なのではなく、

投票に行くこと自体が死活的に重要なのだ。

というのが、森川さんの最大の主張です。

何故なら、各候補、各政党は投票率の高い年代の顔を向いて
選挙戦を戦わざるを得ないからだ、と。50歳代以上の投票率は
20、30歳代の投票率のほぼ倍あるそうです。そうなると,
選挙の争点は勢い『医療』や『年金』『子育て』の話に
ならざるを得ません。若者の『就職』や『結婚』は二の次に
なってしまいます。

例えば今回の選挙であれば、政権交代が大きな争点ですが、
もし若者の投票率、選挙への関心が2倍になれば、彼らがどの党に
1票を投ずるかはもはや問題ではありません。彼らの動向が
選挙の結果を大きく左右するのだという認識を政党が持つ、
そのことが最も重要な事です。いわば、各政党が若者の顔色を
窺い出す
、そのことが決定的に重要なのだと。

私自身は毎回必ず選挙に行っていますが、なぜ選挙に行くのか
という意味は、余り深く考えたことはありませんでした。でも
この本でそれが判ったように思いました。

本:
若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)

どうする!依存大国ニッポン (ディスカヴァー携書)


井戸端カンファレンストップ →- →スポンサーサイト
        

記事一覧

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 00:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
Ripre
Search
Amazon Search
ドル箱 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
categories
archives
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM