井戸端カンファレンストップ →- →スポンサーサイト
        

記事一覧

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


井戸端カンファレンストップ 水彩画 →兵庫県立美術館「男鹿和雄展」
        

記事一覧

兵庫県立美術館「男鹿和雄展」

鹿和雄展の完成度の高さ妻と一緒に「男鹿和雄展」を観に行きました。男鹿和雄さんは、最近の
スタジオ「ジブリ」のほとんどの作品で背景画の美術監督している人です。

美術館に入場すると、既に沢山の展示室への入室待ちの人たちが並んで
いました。半端じゃない人数の人たちが並んでいました。部屋の通路と
いう通路を埋め尽くすように並んでいました。恐らく3,400メートル
の長さになっていたのではないかと思います。入場するまで1時間半も
掛かってしまう程に。改めてスタジオ「ジブリ」の作品のすごさに驚か
されました。

男鹿和雄「トトロ」
続きを読む >>

井戸端カンファレンストップ 水彩画 →水彩画「倉敷」
        

記事一覧

水彩画「倉敷」

水彩で描いた倉敷

水彩画家「奥津国道」さんの「日本を描く」シリーズの倉敷編
をベースに水彩で着色したものです。これはドリル形式になっていて、
デッサン部分を見本を元にトレース(模写)して、それ以降は、ドリルを
見ながら着色していくものです。模写といっても、原寸大[4号F]なので、
着色だけでも、仕事の合間合間にやって1ヶ月程度かかりました。

今までは、葉書大の大きさの絵しか描いてなかったので、全体の色や
遠近感のバランスを崩さないように続けていくのは結構大変でした。
樹木を書くのは比較的易しかったのですが、水面は結局ゴツゴツに
なってしまい、難しいと感じました。奥津国道さんはこの程度の絵は
デッサンを含めて3時間程度で仕上げてしまうそうで、プロと言うのは
本当にすごいと思いました。何より、無駄な部分が少なく、何種類もある
樹木を的確に描き分けるのですから。

この水彩「倉敷」を、外国のメル友に送ってあげて、感想を聞いてみようと
思っています。

倉敷水彩画

倉敷観光Web:
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=1849

井戸端カンファレンストップ 水彩画 →新緑の奥入瀬
        

記事一覧

新緑の奥入瀬

奥津国道さんの「新緑の奥入瀬」を模写してみました。
元々はスケッチブック大の大きさのカンバスに描かれた
ものを時間がないので、絵葉書に写したものです。

川のせせらぎはナントカそれっぽくなりましたが、木々が
密集しているのを表現するのは難しいです。




sponsored links
Ripre
Search
Amazon Search
ドル箱 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
categories
archives
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM